北九州ハンドメイド・レーザークラフト教室 革遊夢(かくゆうぼう)

北九州ハンドメイド・レーザークラフト教室 革遊夢(かくゆうぼう)

〒802-0985 北九州市小倉南区志井1丁目11番9号

070-4202-6967 093-961-3394

店休日:水曜日

車中泊、快適な車内環境

車中泊快適な車内環境

音を発生させない。
雨音などの音を抑える、制振材
 
熱を伝えない。
熱を反射する、遮熱材
 
熱を蓄え伝えるのを遅らせる、音を集める、断熱材
 
音を遮る、遮音材

住宅では、外壁側に空気層を設け、
通風して、熱を発散させる。
車の構造上、車躯体内で通風は考えづらい。

素人ではあるけれど、
雨音などの外部で発生する音を減少(?)させるため、制振材。
熱しやすく冷めやすい鉄の温度を跳ね返すため、遮熱材。
内部の温度も跳ね返すために、遮熱材。
断熱材は熱を溜めるため蓄熱材となり、最終的には放熱する。
夏には無用の長物・冬には重宝されるということになる。

少し、横道に逸れてしまうけれど、徒然草には、

家の作りやうは、夏をむねとすべし*。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり。
深き水は、涼しげなし。浅くて流れたる、遥かに涼し。細かなる物を見るに、遣戸は、蔀の間よりも明し。天井の高きは、冬寒く、燈暗し。造作は、用なき所を作りたる*、見るも面白く、万の用にも立ちてよしとぞ、人の定め合ひ侍りし。
(いえのつくりようは、なつをむねとすべし。ふゆは、いかなるところにもすまる。あつきころわろきすまいは、たえがたきことなり。
ふかきみずは、すずしげなし。あさくてながれたる、はるかにすずし。こまかなるものをみるに、やりどは、しとみのまよりもあかし。てんじょうのたかきは、ふゆさむく、ともしびくらし。ぞうさくは、ようなきところをつくりたる、みるもおもしろく、よろずのようにもたちてよしとぞ、ひとのさだめあいは んべりし。)

と、あるように、「住まいは夏を旨とすべし」だった。

最近は、「熱中症に注意。」とよく言われるが、人間ほど暑さに強い動物はいない。マラソン選手は夏に炎天下でも走り続けるが、こんなことができる動物は、人間の他には馬くらい。ともに体毛が薄く発汗機能が発達しているため、暑さは「得意」。
なぜなら、湿度が低ければ、30度を超える気温でも許容できる。
しかし、20度を下回ると、ストーブなどの輻射熱がなければ、毛が少なく薄い皮下脂肪の人間は、寒さに弱い。

現在は、「冬を旨とすべし」である。

話を元に戻そう。

車中泊のための快適な車内環境として、入手した情報と予算等など様々なこと検討し、

次のように決定した。

天井:制振材 金額と単位荷重を比較し、ツールドアイランド社製品
遮熱材 薄く軽量・遮熱効果大のリフレテックス
断熱材 湿気に強く、パーフェクトバリヤ
内装

壁 :制振材
遮熱材
断熱材
内装

床 :制振材 根太下
断熱材(吸音材)音を熱エネルギーに変換する。
遮音シート 集めた音を遮音
内装

 

使用する材料などは、次回投稿で明らかに。